本当に安全?副作用は大丈夫?シミウスの全成分を徹底調査!

シミウスの成分は安全なのか?

毎日肌につけるものですから、安全性は気になりますよね。

「肌荒れとかはしないの?」
「副作用とかはない?」

気になる部分だと思います。

ということで今回は、シミウスの全成分について副作用がないのかを徹底調査しました。

これからシミウスの購入を検討されてる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

シミウスの全成分を調査しました

シミウスの全成分について効果効能、副作用危険度を調査しました。

成分 解説 副作用危険度
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用を持つ成分。赤ニキビなどに効果があると言われています。 ★★
プラセンタエキス(1) メラニンの生成を抑える効果があるため、シミ対策や美白効果に期待ができます。
精製水 薬を溶かすためや、医療器具を洗う際、コンタクトレンズの保存液を作る際に使われる。
1,3-ブチレングリコール 保湿効果があり、育毛剤や化粧品に用いられる。抗菌作用があるため、あまりベタつかない。
濃グリセリン 吸水効果が高い。そのため、保湿成分に優れています。原液のまま使用すると吸水効果が高いため、肌の水分が奪われる恐れがあります。 ★★
プロピレングリコール 保湿剤や乳化剤、溶剤などに使われています。殺菌作用もあるため、防腐剤などにも使われています。
1,2-ペンタンジオール 高い保湿力がある。多価アルコールのため、アルコールアレルギーがある人は、肌につけると刺激を感じる場合もあるが、基本的には低刺激な成分。 ★★
水溶性コラーゲン液 コラーゲンの純度が高く、粘性も強い。そして保湿力が高い。
シコンエキス 殺菌作用があるので、ニキビの原因のアクネ菌に効果がある。
サクラ葉抽出液 桜の葉から抽出されたエキス。抗炎症作用や、美白、肌荒れ防止に効果があると言われています。
ヒアルロン酸ナトリウム(2) 水に溶けやすく、高い保湿力を持っている。安全性の高い高分子の保湿成分。
アルニカエキス 優れた抗炎症効果。肌荒れを予防できる。アトピー性皮膚炎や、敏感肌用の化粧品にも配合されている成分。
シナノキエキス 肌や体が老化するとなる活性酸素の生成や増加を抑制する抗酸化作用に優れていると言われています。
スギナエキス 保湿効果や収れん作用もある。肌を引き締め、美肌効果が期待できる。肌に優しく刺激性や毒性がほとんどない成分。
オトギリソウエキス 抗菌作用や収れん作用も期待できるため、毛穴を引き締めて肌を整える効果も期待できます。植物由来のため、刺激も少ない。
セージエキス 抗菌・殺菌作用があり止血や皮膚の炎症を軽減させます。収斂作用により肌を引き締め、汗を抑えます。一方アレルギーが認められ、経口摂取すると呼吸困難を引き起こし、特に妊婦では早産流産の危険があります。皮膚に触れると炎症を起こす可能性があります。 ★★
セイヨウノコギリソウエキス 消炎作用、抗酸化作用、抗男性ホルモン作用が認められます。肌荒れを防ぎ、肌にハリと潤いを与えます。キク科アレルギー持ちにはアレルギー症状が出ることがあります。 ★★
ゼニアオイエキス 粘り気があるので保湿作用に優れます。収斂作用と抗酸化作用があり、美白、毛穴を目立たなくさせるなどのアンチエイジング効果があります。毒性はありませんがオクラアレルギー持ちはアレルギーが出る恐れがあります。 ★★
カモミラエキス(1) 抗炎症作用、保湿、収斂作用、色素沈着を抑制する作用があります。特に抗炎症作用が強く肌トラブル持ちようの化粧品によく配合されます。毒性はありませんがキク科アレルギー持ちには症状が出ることがあります。 ★★
トウキンセンカエキス 抗菌、抗炎症、保湿、血行促進作用があります。毒性はありませんがキク科アレルギー持ちの人はアレルギー症状に注意が必要です。 ★★
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 乳化作用を持ちその他の美容に有効な成分を水分と油分に分解し、に浸透しやすくさせます。毒性も刺激性もほとんどありません。
カルボキシビニルポリマー 化粧水や乳液に含まれ、増粘剤として他の成分が肌に浸透するのを補助します。安全な物質ですが、粘り気があって肌に張り付くため、毛穴を塞ぐ可能性があります。敏感肌やニキビ肌の人は注意した方がよいでしょう。 ★★
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体 アルカリ性のもので中和されると粘度が増す性質があり、増粘剤や乳化剤として使用されます。毒性はなく安全ですが合成ポリマーの1種なので、皮膚を塞ぎ皮膚呼吸を妨げる可能性があります。 ★★
水酸化カリウム 石鹸の原料や乳化の安定性を確保するために配合されます。単体では強いアルカリ性の刺激物ですが、化粧品には他の酸性の成分などともに中和されて配合されるため、毒性もなく安全です。
パラオキシ安息香酸メチル メチルパラベンとも言い、抗菌性に優れ防腐剤として広く化粧品に使用されています。極一部にアレルギー反応を起こす人もいますが、配合規制があり基本的には安全です。 ★★
フェノキシエタノール 天然成分由来の防腐剤として化粧品に配合されています。抗菌作用はパラベンほどではありませんが、配合規制が敷かれる程度には強力です。肌自体へは安全ですが、揮発すると呼吸器に障害を引き起こすことがあります。喘息持ちの人は発作が誘発される恐れがあるので使用は控えたほうがよいでしょう。 ★★
エタノール 抗菌、収斂、清涼作用があります。刺激が強く皮脂を落としすぎる恐れがあります。敏感肌の人、アルコールアレルギー持ちの人はかぶれなどの症状がでる可能性があります。 ★★
青色1号 食品にも添加される着色料です。経口摂取での発がん性が指摘されています。化粧品では口にすることは殆どありませんが、口紅などは注意した方が良いでしょう。極稀にアレルギー症状がでる人がいます。 ★★
赤色106号 食品にも添加される合成着色料です。アレルギーの原因や発がん性があるとして北米では使用が禁止されています。日本でははっきりしたことはまだ確認されていませんが、警戒する人も多い成分です。 ★★
香料 化粧品に含まれる不快なにおいを打ち消したり、リラックス効果を上げるために添加されます。香料は匂いの元の総称です。複数組み合わせて使用することが多く、「香料」としての危険性をまとめて示すことは困難です。少なくとも由来成分がわかる場合には、そのアレルギーの人は避けたほうが良いでしょう。 ★★

 

シミウスの全成分の中で気になる成分は?

シミウスの全成分の中で気になった成分は

  • パラオキシ安息香酸メチル
  • フェノキシエタノール
  • 着色料(青色1号、赤色106号)

です。これらについて簡単に解説します。

 

パラオキシ安息香酸メチルの安全性について

パラオキシ安息香酸メチルはパラベンのことです。

パラベンと聞くとイメージがを悪く思われる方もいると思いますが、パラベンは化粧品の防腐剤として幅広く使われています。

それに製品の腐敗を防ぐために、最低限の防腐剤はどうしても必要です。

パラベンフリーをうたっている化粧品もありますが、それらの化粧品はパラベンの代わりとなる防腐剤を配合していることが多いです。

そして、パラベンの代わりとなる防腐剤は、たいていパラベンよりも刺激が強かったりします。

なので、むしろパラベンを使っていた方が、肌への安全性という点では安心と言えます。

また、シミウスで含まれているパラベンは品質保持のために必要な最小限の量です。

なので、安全性は問題ないと言うことができます。

 

フェノキシエタノールの安全性について

フェノキシエタノールも防腐剤の一種ですが、こちらもパラオキシ安息香酸メチル同様、必要最小限の量が配合されています。

また、フェノキシエタノールは自然由来の防腐剤です。肌への刺激も少なく、安全性の高い防腐剤と言えます。

フェノキシエタノールの安全性についても特に問題はありません。

 

着色料(青色1号、赤色106号)の安全性について

この着色料についてはシミウスの少々残念な部分と言えます。

せっかく美白成分や肌に優しい成分を中心に作られてるのに、なぜ着色料を配合しているのだろう?というのが正直な感想です。

ただ、着色料については配合量がごく微量なので特に心配はありません。

念のためサポートセンターに問い合わせたところ、次のような回答をいただきました。

常に同じ色をキープするために着色料を使用しているとのことです。

着色料については少し残念ですが、とりあえずアレルギーがなければ問題なく使えるとのことでした。

ただ、心配な方のためにシミウスでは30日間の全額返金保証が付いています。

肌に何らかの異常があったとしても返金保証が使えるので、安心してシミウスを始めることができます。

 

シミウスの成分についてのまとめ

シミウスは全体的に安全な成分を中心に作られているのがわかりました。

一部気になる成分として

  • パラオキシ安息香酸メチル
  • フェノキシエタノール
  • 着色料(青色1号、赤色106号)

などを挙げましたが、配合量としてはごく微量なので、特に心配する必要はありません。

「パラオキシ安息香酸メチル」「フェノキシエタノール」については、品質保持のために必要な防腐剤です。

必要最小限の量を配合していますので、特に問題はありません。

 

着色料についてはちょっと残念な点ではありますが、配合量はごく微量なのでこちらも問題ありません。

もし肌に何らかのトラブルがあっても、シミウスでは30日間の全額返金保証が付いてますので安心です。

安心してシミウスを始めることができます。

全額返金保証付きシミウス通販はこちら

 

本当に安全?パーフェクトワンの全成分をチェックしてみた!

  • パーフェクトワンの成分って大丈夫?
  • 安心して使えるの?

やはり肌につけるものですから、安全性は気になって当然ですよね。

それにいくら商品の口コミが良くても、安全性が怪しかったら使う気にもなれないと思います…

ということで今回は、パーフェクトワンの全成分について安全性を調べてみました!

安心してパーフェクトワンを使い始めるためにも、ぜひ今回の記事をチェックしてみてくださいね。

 

パーフェクトワンの全成分を徹底チェック!

まず最初にパーフェクトワンの全成分一覧がこちら。

水、グリセリン、ジメチコン、BG、エタノール、DPG、ペンチレングリコール、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲン、ヒドロキシプロリン、イノシトール クレアチン、トウビシ果皮エキス、ダイズ胎座エキス、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、加水分解エラスチン、水溶性プロテオグリカン、ムラサキ根エキス、ハトムギ種子エキス、シャクヤク根エキス、スクワラン、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、オタネニンジン根エキス、サッカロミセス溶解質エキス、ローヤルゼリーエキス、ハイブリッドローズ花エキス、ヒメフウロエキス、ゲットウ葉エキス、ヨーロッパアキノキリンソウエキス、ポリ-ε-リシン、ポリグルタミン酸、イソステアリン酸、コンドロイチン硫酸Na、ベタイン、グリコシルトレハロース、ソルビトール、水添ポリイソブテン、加水分解水添デンプン、リン酸アスコルビルMg、トコフェロール、アルギン酸Na、ダイズステロール、シクロペンタシロキサン、デキストリン、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ポリアクリルアミド、水添レシチン、ポリソルベート60、ジメチルシリル化シリカ、シリカ、ベヘニルアルコール、ラウレス-7、水酸化Na、フェノキシエタノール、オレンジ油、ローマカミツレ花油

気になった成分としてエタノールやフェノキシエタノールなどの防腐剤がありましたので色付けしました。

成分 解説 安全性
エタノール 安全性の高い防腐剤。敏感肌の人は刺激を感じることも。
フェノキシエタノール パラベンの代わりとして使われることの多い防腐剤の1つ。頭痛や咳を引き起こす可能性があるため配合量は1%未満と定められている。 ★★

★1個=安全 ~ ★5個=危険

防腐剤が含まれているのは確かに気になりますよね。

ただ、パーフェクトワンに含まれているこれらの防腐剤は、品質を保つために必要なほんの少しの量となっています。実際に新日本製薬さんに確認もしてみました。

いただいた回答によると「防腐剤は必要最小限の量」とのこと。やはり製薬会社ということで安全性には気を遣っているということですね!

パーフェクトワンは安全性にこだわって作られているのがわかりました(^^♪

ちなみに他の成分で気になるものについてはこちらにまとめておきました。※クリックで開きます。文章多めです。

他の成分をチェックする
成分 解説 安全性
ポリソルベート60 肌への刺激の少ない安全な界面活性剤。
ラウレス-7 シリコン系の界面活性剤。アレルギー持ちの方や敏感肌の人はアレルギーの可能性も。 ★★
ジメチコン 消泡効果のある胃薬などにも使われる安全な成分。ただし、コーティング力が強く落ちにくいという面も。 ★★
ペンチレングリコール 抗菌性のある保湿成分。パラベンの代わりとして用いられることが多い。刺激性も低く副作用の心配も少ない安全な成分。
加水分解コラーゲン 保湿効果が高く安全性の高い成分。界面活性剤ではない。まれにアレルギーとなる場合も。たんぱく質でアレルギーを起こしたことがある人は注意が必要。
水溶性コラーゲン 加水分解コラーゲンと同様に保湿効果が高く安全性の高い成分。まれにアレルギーもあるので注意は必要。
シクロペンタシロキサン 揮発性のシリコン成分。紫外線、熱、乾燥などに強く安全性が高い。
ポリアクリルアミド 毒性はない。化粧品以外にも食品の包装、洗浄など様々な用途で使われる。
水添ポリイソブテン 指定成分には含まれていない安全な成分。
カルボマー 毒性や肌への刺激・負担のほとんどない安全な成分。
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー 乳化剤の一種。粒子が大きく肌への刺激もほとんどなく安全性が高い。
オレンジ油 柑橘系の精油には光毒性(紫外線が当たると皮膚を傷付ける性質)があると言われているが、オレンジ油に光毒性はない。
ローマカミツレ油 薬用植物の精油で安全性も高く副作用の心配もほぼない成分
BG 敏感肌の人でも刺激が少なく安全に使える成分。グリセリンよりも刺激が少ない。
ダイズエキス 刺激が少なく副作用の心配も少ない。美白、保湿、ニキビ予防など様々な効果が期待できる。

初回50%OFF!パーフェクトワン公式

 

パーフェクトワンの成分のここがおすすめ!

パーフェクトワンの成分の安全性について解説したところで、次はおすすめの成分についても紹介していきます。

おすすめの成分をチェックすることで、パーフェクトワンが人気の理由がわかるかもしれません♪

 

7種類のコラーゲンを贅沢に配合!

パーフェクトワンでは様々な役割を持ったコラーゲンを7種類も配合。

  • 集中保湿コラーゲン
  • カプセルコラーゲン
  • 浸透コラーゲン
  • 保護コラーゲン
  • 被膜コラーゲン
  • ベビーコラーゲン
  • オイルコラーゲン

肌の表面だけでなく、角質層までしっかりと浸透して潤いを与えます。

乾燥肌の人でも保湿効果を実感している人は多いですよ!

 

50種類の保湿成分を配合!

7種類のコラーゲン以外にも、パーフェクトワンでは50種類の保湿成分を贅沢に配合。

保湿成分として有名なヒアルロン酸やセラミドのほか、オタネニンジン根エキスや月桃葉エキスといった保湿効果の高い成分も配合しています。

ヒアルロン酸 保湿効果の高い成分。本来人の身体にある成分ですが、加齢とともに減少してしまします。
セラミド 保湿やターンオーバー、バリア機能などの重要な働きをします。パーフェクトワンではセラミド1、2、3、6Ⅱの4種類のセラミドを配合。
オタネニンジン根エキス 保湿効果以外に肌トラブルの防止やアンチエイジング効果が期待できます。
月桃葉エキス 肌にハリと弾力を与えてくれます。

他にも紫根エキスやイノシトールといった希少成分も贅沢に配合。いつもよりちょっと贅沢な美容成分を肌に与えられますよ♪

 

パラベン、合成香料、合成着色料は不使用

化粧品を購入する際に気になるのはやはり添加物ですよね。パーフェクトワンでは

  • パラベン
  • 合成香料
  • 合成着色料

といった添加物は一切使用していません。

特に敏感肌の人は添加物を気にされると思います。

パーフェクトワンは敏感肌の人でも安心して使えるように、成分には注意して作られているということですね♪

 

パーフェクトワンの成分についてのまとめ

今回はパーフェクトワンの成分について解説してきましたが、パーフェクトワンの成分は全体的に安全であることがわかりました。

  • フェノキシエタノール
  • エタノール

などの一部気になる防腐剤成分も含まれていますが、これらの防腐剤はできるだけ肌への刺激が少ないものを選んでいますし、配合量にも気を遣っています。

製薬会社が作るオールインワンゲルなので、その辺はさすが新日本製薬さんだなと思いました!

そして、パーフェクトワンには以下のようなおすすめポイントがあります。

  • 7種類のコラーゲンを配合
  • 50種類の保湿成分を配合
  • パラベン、合成香料、合成着色料は不使用

こういった点でパーフェクトワンはおすすめなので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにパーフェクトワンの公式サイトなら、初めて方でも安心して始められるように、お得な初回割引も用意されていますよ♪

初回50%OFF!パーフェクトワン公式

>>パーフェクトワンの最安値情報