ヒアルロン酸注射の副作用の可能性と気を付けたいリスク

tyuusya5

 

ヒアルロン酸は同じような目的で使われるコラーゲンに比べると、
副作用が少ないとされています。

コラーゲンの場合は、
タンパク質(アレルギーをひきおこす成分)であるため、
通常、施術の前にアレルギー反応の試験を行います。

一方、ヒアルロン酸はそのよう心配はないものの、
確実に安全というわけではなく、気を付けたいリスクはあります。

 

眉間の皮膚については、
ヒアルロン酸は避けた方がよいとされています。

ache2

 

もともと眉間の皮膚は血行が悪く、
注入したものが皮膚への血行を阻害する可能性があるからです。

最悪の場合は皮膚が壊死してしまいます。

固いヒアルロン酸を用いても、
血行障害が起きる場合もあるようです。

 

また、医師の施術が不適切なため、
動脈内にヒアルロン酸を注射してしまうと、
同様に血行障害、壊死などが発生する事例があるようです。

 

その他、ヒアルロン酸注射による内出血については
多くの方がお悩みのようです。

これは皮膚の毛細血管に注射針があたることにより
内出血を起こすことがあります。

この症状を抑えるための措置は
各クリニックで行われているようですが、
通常は1週間程度かけて自然消失するのを
待つのが賢明なようです。

 

 

 

ヒアルロン酸注射に潜む様々な失敗リスク

tyuusya4

 

ヒアルロン酸の失敗事例として有名なのは、
皮膚の壊死です。

これはヒアルロン酸を動脈に注射する、
あるいは眉間のようなそもそも血行の悪い箇所に施術し、
その結果血行が阻害されることが原因となります。

腕の確かな医師に施術をお願いすることが重要です。

 

その他失敗例としては、凸凹がおきてしまう、
しこりができてしまうなども挙げられ、

 

  • 医師の施術の未熟さ
  • 不適切なヒアルロン酸を選択した
    (部位によって適切なヒアルロン酸は異なる。
    例えば、安価な胸用の粒子が大きいヒアルロン酸を顔に注入すると、凸凹ができる)

 

などが原因とされています。

このような場合は、ヒアルロン酸を溶かす成分を再注入しますが、
綺麗に元には戻らないこともあるようです。

 

その他、ヒアルロン酸注射を安価で提供しているクリニックでは、
ヒアルロン酸を「取り置き」している可能性もあります。

 

medi

 

この取り置きというのは、
注射後の余ったヒアルロン酸をとっておいて、
また別の日に残りを注射するというものです。

保管している間に雑菌が繁殖して、
注射すると感染症を起こす危険性があります。

 

 

 

ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、レディエッセの特徴・効果・リスクの違い

ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、レディエッセは
どれも若返りの美容整形に用いられる施術法です。

どれも得意とする施術があり、
目的により使い分けるとよいと思います。

次にそれぞれの特徴、効果、リスクなどを挙げてみます。

 

 
■ヒアルロン酸注射

コラーゲン注射と同様、肌のくぼみを埋めることにより、
シワをめだたなくさせる効果があります。

成分自体は体内で作られるものですので、
皮膚とのなじみも良く、安全性が高いとされています。

ただし、時間とともに体内に吸収されてしまうので、
効果は1~2年程度です。

 

 
■ボトックス注射

表情筋の動きを麻痺させます。

無意識に作ってしまう眉間のシワなどに効果を発揮します。

こちらも持続は1年程度。

表情筋に働きかけるので、
頬周りへの効果については注意が必要です

(口周りがうまく動かなくなる可能性があります)。

 

 
■レディエッセ注射

ハイドロアパタイトという成分を注入する方法。

仕入れ原価が安いので施術料金が安いことも多いようです。

鼻を高くしたり、顎を出したりにも適しています。

ヒアラルン酸に近いのですが、
目の下やほうれい線などの柔らかい部位に注入すると、
まれに凸凹が発生するというリスクがあるとのこと。

効果は1~2年です。

 

 

ほうれい線へは、ヒアルロン酸が適しているように思いますが、
施術をお願いする医師とよく相談してから決めるといいでしょう
(知識や技能などにより、得意・不得意があると思われますので)。