ヒアルロン酸注射の副作用の可能性と気を付けたいリスク

tyuusya5

 

ヒアルロン酸は同じような目的で使われるコラーゲンに比べると、
副作用が少ないとされています。

コラーゲンの場合は、
タンパク質(アレルギーをひきおこす成分)であるため、
通常、施術の前にアレルギー反応の試験を行います。

一方、ヒアルロン酸はそのよう心配はないものの、
確実に安全というわけではなく、気を付けたいリスクはあります。

 

眉間の皮膚については、
ヒアルロン酸は避けた方がよいとされています。

ache2

 

もともと眉間の皮膚は血行が悪く、
注入したものが皮膚への血行を阻害する可能性があるからです。

最悪の場合は皮膚が壊死してしまいます。

固いヒアルロン酸を用いても、
血行障害が起きる場合もあるようです。

 

また、医師の施術が不適切なため、
動脈内にヒアルロン酸を注射してしまうと、
同様に血行障害、壊死などが発生する事例があるようです。

 

その他、ヒアルロン酸注射による内出血については
多くの方がお悩みのようです。

これは皮膚の毛細血管に注射針があたることにより
内出血を起こすことがあります。

この症状を抑えるための措置は
各クリニックで行われているようですが、
通常は1週間程度かけて自然消失するのを
待つのが賢明なようです。

 

 

 

ヒアルロン酸注射の効果はどれくらい持続する?

tyuusya3

 

ヒアルロン酸の持続期間ですが、
これは個人差があります。

 

現在、一般に使用されているヒアルロン酸であれば、
持続性は3~4か月と考えてよいでしょう。

この理由は、ヒアルロン酸が
徐々に体内に吸収される性質を持つことによります。

 

少ない量を注入するより多い量の方が持続性が高いのは、
ヒアルロン酸と体内の吸収組織の接触の割合によります。

 

また、吸収の速度が緩やかな
長期持続型ヒアルロン酸も開発されています。

持続性の高いヒアルロン酸であれば、
2年など長期に渡り効果が続きます。

 

 

タルミは必須!定期的な施術が必要

hada5

 

ヒアルロン酸の短所のひとつに、せっかくピンと張りつめた肌になっても、
だんだんとタルミはじめ(この劣化感が結構つらいとの声を聞くことがあります)、
定期的に施術を行わなくてはいけない点がありますが、
この点がかなり改善されることになります。

 

お試しでヒアルロン酸を施術される方には、
長期持続型ではなく一般のものがおすすめです。

たとえ満足のいく仕上がりにならなくとも、
数か月で元に戻るからです。

 

逆に長期持続型の施術を希望する際は、
経験を積んだスキルの高い医師のいる
クリニックを選ぶのが賢明です。

 

 

 

どれくらいの頻度で打つもの?ヒアルロン酸注射との付き合い方

tyuusya6

ヒアルロン酸注射はほうれい線の改善に効果を発揮しますが、体内に吸収される性質を持つため、効果を継続させるには、定期的に施術を受ける必要があります。

ネットでは一般的なヒアルロン酸注射であれば、半年程度持つともされていますが、初回は吸収が早いことが多いようで、1か月も持たないと実感される方も多いようです。

これは、注入量にもよりますので(一般に量と持続時間は比例します)、一概にはいえません。

多くの方の施術後の持続期間をまとめると、

  • 1回目は2週間から1か月
  • 2回目は1か月半から3か月
  • 3回目は3か月から半年

といったところのようです。

また、長期持続型のヒアルロン酸も登場し、施術後の持続期間が長く保たれるようになりました。

 

医師の腕も重要な要素

doctor

長く続くと良いのですが、施術が失敗するとその失敗が継続する期間も長くなるというデメリットも発生します。

ヒアルロン酸に限らず、美容整形全般にいえることですが、腕の確かな医師に施術してもらうというのが非常に重要になってきます。

従いまして、ヒアルロン酸注入の場合は、持続性が短いというのを利用して、はじめは少量注入ということで、医師選びをするといいと思います。

よい医師を見つけたら、持続性の高いヒアルロン酸を注入してもらうとよいでしょう。

 

ヒアルロン酸注射に潜む様々な失敗リスク

tyuusya4

 

ヒアルロン酸の失敗事例として有名なのは、
皮膚の壊死です。

これはヒアルロン酸を動脈に注射する、
あるいは眉間のようなそもそも血行の悪い箇所に施術し、
その結果血行が阻害されることが原因となります。

腕の確かな医師に施術をお願いすることが重要です。

 

その他失敗例としては、凸凹がおきてしまう、
しこりができてしまうなども挙げられ、

 

  • 医師の施術の未熟さ
  • 不適切なヒアルロン酸を選択した
    (部位によって適切なヒアルロン酸は異なる。
    例えば、安価な胸用の粒子が大きいヒアルロン酸を顔に注入すると、凸凹ができる)

 

などが原因とされています。

このような場合は、ヒアルロン酸を溶かす成分を再注入しますが、
綺麗に元には戻らないこともあるようです。

 

その他、ヒアルロン酸注射を安価で提供しているクリニックでは、
ヒアルロン酸を「取り置き」している可能性もあります。

 

medi

 

この取り置きというのは、
注射後の余ったヒアルロン酸をとっておいて、
また別の日に残りを注射するというものです。

保管している間に雑菌が繁殖して、
注射すると感染症を起こす危険性があります。

 

 

 

ほうれい線を化粧で消すテクニック教えちゃいます!

foundation

ほうれい線はタルミが陰となって出てくる線なので、コンシーラーなどを使って目立たせなくすることが可能です。

ホワイトパールなどをほうれい線の上にのせることで対応しましょう。

次の動画が参考になります。

 

夕方になり、表れてきたほうれい線を目立たなくさせるテクニックは以下の動画が参考になります。

リップクリームを使う点が手軽でいいですね。

比較的若い方には効果があるかと思います(しっかりくっきりのほうれい線の場合には効果が少ないかもしれません)。

 

スキンケアでもほうれい線対策をしましょう!

hada4

メイクアップではなく、スキンケアとなりますが、Kiehl’s社のDeep Wrinkle Fillerというクリームも、シワになった部分を膨らます効果があるようです。

こちらのプロモーション用の動画(英語)も載せておきますね。

 

Frowniesという紙で出来たシートもほうれい線に効果があります。

こちらのプロモーション動画はこちら(英語)。

 

どちらも日本で入手可能です。

資生堂から出されているマイクロニードル技術で、ヒアルロン酸を針状に固めたシート状美容液ナビジョンも試してみる価値があるかと思います。

あとはコラーゲンを多く含んだ化粧品ですね。

当サイトでも紹介しているパーフェクトワンもその1つです。

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e2%91%aa

やはりコラーゲンを豊富に含んだ化粧品はほうれい線に有効です。

ほうれい線が気になる女性モニターの体験談も載せていますので参考にしてみて下さい。

⇒ ほうれい線が気になる女性のパーフェクトワン体験口コミ