身体や赤ちゃんに影響あり?妊娠中·授乳中にシミウスは使用NG?

妊娠中や授乳中は、普段よりお肌がデリケートになっています。

それ故、化粧品選びはいつも以上に慎重になるものですよね。

  • 妊娠中や授乳中の自分自身や赤ちゃんに害はないのか?
  • 副作用等はないのか?

こういったのって化粧品を使っていたら気になる部分ですよね。

妊娠中や授乳中のお肌の悩みで特に多いのが「シミ」です。

妊娠中や授乳中は女性ホルモンの分泌量が増え、シミの元であるメラニンが生成されやすくなっています。

 

また、お肌が乾燥しやすくなるため、普段よりも紫外線のダメージを受けやすくなっているのも、妊娠中や授乳中にシミができてしまう主な原因です。

シミ対策に一役買ってくれるのが、今話題のオールインワンゲルのシミウスです。

これ1つでお手入れが済むということは、妊娠中に体調が優れない時にも、赤ちゃんの世話で忙しい授乳中にも重宝しそうですね!

 

そんなシミウスは妊娠中や授乳中に使っても問題ないのか?

今回はシミウスの妊娠中や授乳中の使用に関する疑問についてお話ししていきます。

 

 

シミウスは妊娠中や授乳中でも使える?

シミウスを使うことは妊娠中や授乳中でも全く問題ありません。

また、お肌に塗ったシミウスが赤ちゃんのお肌に付いてしまったとしても、特に気にする必要もありません。

それほどまでにシミウスの成分は安全なものなんです!

シミウスに含まれる有効成分がこちら。

  • プラセンタエキス(お肌の代謝をアップさせる・美白作用など)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(皮膚の薬にも使われる、抗炎症作用を持つ成分)

このどちらにも副作用等を起こす要素は含まれていません。

品質を維持するために着色料と香料がシミウスには含まれていますが、お肌や体に害のあるものではありません。

着色料や香料は食品にも使用されている成分ですしね。

ちなみに口コミ等を確認しましたが、妊娠中や授乳中にシミウスを使っていて、副作用があったなどのものはありませんでした。

また、「化粧品特有のニオイもほとんどなく使いやすかった」との口コミもありましたので、つわり等で体調が優れない時でも安心して使えそうですね!

 

妊娠中や授乳中の人がシミウスを使う際の注意点

続いて妊娠中や授乳中の人が実際にシミウスを使う際の注意点をご紹介します。

シミウスにはきついニオイはありませんが、若干のニオイがあります。体調や好みによってはニオイを強く感じてしまうかもしれません。

なので、その日の体調などに合わせてシミウスを使うようにして下さいね。

また、お肌がデリケートになっている場合は、シミウスを使って肌荒れをしてしまうこともあるかもしれません。

その際は、一度シミウスの使用を中断して、様子を見るようにしましょう。

心配な場合は専門の医師に相談するのも良いと思います。

人によっては妊娠中や授乳中のお肌にシミウスが合わないと感じることがあるかもしれません。

ですが、成分的には全く問題のないシミウスですから、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

まとめ:妊娠中・授乳中もシミウスは強い味方

妊娠中や授乳中のデリケートなお肌にも、シミウスは強い味方になってくれると思います。

出産後、いずれはホルモンの分泌量が元通りになることでシミも改善されることが多いですが、シミが残ってしまう可能性もあります。

そんな時にシミ対策として、シミウスが強い味方になってくれるかもしれないですね!

ちなみにシミウスには30日間のお試し期間が設けられています。

30日間しっかりシミウスを使ってみて、万が一お肌に合わないと感じた場合には、30日以内でしたら全額返金してもらうことが可能です。

妊娠中や授乳中のシミ対策に、シミウスを使ってみてはいかがでしょうか?

全額返金保証付きシミウス通販はこちら