美白効果が逆に心配?シミウスに白斑の心配はないの?

美白化粧品などを使っていて、肌の一部が白くなってしまう「白斑」。

美白化粧品の副作用として、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

せっかくキレイになるために美白化粧品を使っていても、「白斑」ができてしまったら元も子もありませんよね…

メビウス製薬の美白オールインワゲル「シミウス」が話題となり、美白効果が高いと評判ですが、白斑の心配がないのか気になるところです。

この記事ではシミウスで白斑はできないのか?という心配を解消していきたいと思います。

美白効果が期待できるシミウスを安心して使えるように、しっかりチェックしておいて下さいね!

 

 

シミウスで白斑ができてしまう心配はないのか?

シミウスで白斑ができてしまうことはないのか?

その前にまずは「白斑」ができてしまう原因を知っておくことが大切です。

白斑は何年か前に、美白化粧品の副作用として問題になりましたね。

当時、美白化粧品の副作用として問題視された際、白斑の原因として考えられていたのが、美白有効成分「ロドデノール」という成分でした。

この、「ロドデノール」がシミの元である「メラニン」の生成を抑えてくれるとして、美白効果が期待されていました。

しかし、使った人の中には、白斑ができてしまった人もいたのです。

ちなみに、「ロドデノール」自体が配合されていない化粧品を使っても、白斑ができてしまったという例もあります。

なので、肌に異常や違和感があった際には使用を中止して、様子を見ることをおすすめします。

専門の医師に相談するのも良いでしょう。

 

シミウスの成分から白斑の可能性を確認

では、シミウスの成分をチェックして、白斑ができてしまう心配がないのか検証していきましょう。

シミウスに含まれる有効成分は、以下の成分です。

シコンエキス
昔から、皮膚の薬などにも配合されている成分です。肌の炎症を抑えたり、肌の再生を促す効果があります。
プラセンタエキス
哺乳類の胎盤から抽出されたエキスです。肌の代謝をアップさせることで、美白効果が期待できる成分です。
グリチルリチン酸ジカリウム
マメ科の甘草を原料としている成分で、抗炎症作用があります。肌荒れやニキビの改善など、肌を総合的にケアしてくれる成分です。

シミウスに含まれる有効成分は天然の成分です。

また、他の成分も調べましたが、シミウスには白斑などの副作用の心配がある成分は含まれていませんでした。

シミウスは美白効果や保湿効果が高いと評判ですし、安心して使えそうですね!

 

まとめ:白斑には念のため注意してシミウスを使いましょう

成分的には、白斑ができる心配がないシミウス。

ただ、中には白斑などの副作用があったり、肌に合わないと感じてしまう人ももしかしたらいるかもしれません。

シミウスの場合、購入から30日以内の全額返金保証が付いています。

実際に30日間使ってみて、万が一肌に合わないと感じた場合には、購入金額の全額が返金されるシステムです。

こちらの保証もありますので、安心して試すことができますよ!

全額返金保証付きシミウス通販はこちら