ヒアルロン酸注射の種類とそれぞれの特徴・違い

tyuusya7

2000年代からしわ治療を目的にヒアルロン酸が広く用いられるようになりました。

お手軽な施術で人気を博していますが、ここで懸念されることは安全性や有効性です。

日本で厚生労働省から認定をうけたヒアルロン酸はアラガン社の

  • ジュビダームビスタ® ウルトラ
  • ジュビダームビスタ® ウルトラ プラス

の2つです。

より安全なヒアルロン酸を希望される場合は、クリニックへ取扱いがあるか、予め確認するとよいでしょう。

日本では認可を受けてはいないものの、他国では信頼され、広く使用されているヒアルロン酸には、スウェーデンの会社であるQ-MEDというメーカーのRestylane(レスチレイン)シリーズなどがあります。

多くのハリウッドの女優さんもこのメーカーのヒアルロン酸を使っているようです。(アメリカのFDAはとっているようです)

このシリーズでは7~8のヒアルロン酸があり、主にヒアルロン酸の粒子の大きさが違うようです。

粒子の大きさによって、施術場所が変わります(胸などは粒子が大きく、ほうれい線は粒子が小さいなど)。

麻酔成分が含まれているものもあります。

信頼性の高いトップ2としては施術費用は高めとなりますが、以上の2社によるヒアルロン酸をお薦めします。

その他のメーカーのもの(日本の厚生省やFDAで認可されていなくても、ヨーロッパで認可されているものもある)を医師が使うということであれば、その安全性については予め調べたり相談するとよいでしょう。