ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、レディエッセの特徴・効果・リスクの違い

ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、レディエッセは
どれも若返りの美容整形に用いられる施術法です。

どれも得意とする施術があり、
目的により使い分けるとよいと思います。

次にそれぞれの特徴、効果、リスクなどを挙げてみます。

 

 
■ヒアルロン酸注射

コラーゲン注射と同様、肌のくぼみを埋めることにより、
シワをめだたなくさせる効果があります。

成分自体は体内で作られるものですので、
皮膚とのなじみも良く、安全性が高いとされています。

ただし、時間とともに体内に吸収されてしまうので、
効果は1~2年程度です。

 

 
■ボトックス注射

表情筋の動きを麻痺させます。

無意識に作ってしまう眉間のシワなどに効果を発揮します。

こちらも持続は1年程度。

表情筋に働きかけるので、
頬周りへの効果については注意が必要です

(口周りがうまく動かなくなる可能性があります)。

 

 
■レディエッセ注射

ハイドロアパタイトという成分を注入する方法。

仕入れ原価が安いので施術料金が安いことも多いようです。

鼻を高くしたり、顎を出したりにも適しています。

ヒアラルン酸に近いのですが、
目の下やほうれい線などの柔らかい部位に注入すると、
まれに凸凹が発生するというリスクがあるとのこと。

効果は1~2年です。

 

 

ほうれい線へは、ヒアルロン酸が適しているように思いますが、
施術をお願いする医師とよく相談してから決めるといいでしょう
(知識や技能などにより、得意・不得意があると思われますので)。