ほうれい線のできやすさと年齢の関係性|個人差が出てしまう本当の理由とは?

hada3

基本的にほうれい線は年齢とともに発生し、深くなります。

ほうれい線は「肌のタルミ」です。

肌にハリを持たせるコラーゲンが年齢とともに減り、皮膚を支える力が減ることでたるみ、ほうれい線がつくられます。

 

ほうれい線には個人差がある!

しかし、ほうれい線がつくられる速度には個人差があります。若い頃から

  • 不規則な生活(慢性の睡眠不足)
  • 適切な栄養分の欠如
  • 喫煙の習慣

などがある人は、ほうれい線があらわれる時期が早まります。

 

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

また、急激なダイエット(1か月に十キロ痩せるなど)をすると若い方でもほうれい線ができる恐れがあります。

 

ほうれい線が少ない人はどんな生活を送っている?

refresh

一方、年齢を経てもほうれい線が少ない人というのは、「老化しない生活を送っている」ものです。

  • ストレスが少ない
  • 栄養が適切
  • 睡眠を十分確保している
  • 身体に悪いものをとっていない

などが挙げられます。

 

また、年齢に応じて化粧品の種類を変えて、その時々にあったケアをされている方も多いようです。

30歳をこえる頃からタルミ防止のケアをはじめるといいと思います。

地道に行うことで、20年後にはケアをしていない人と大きな差がでてきます!

 

コラーゲンを増やす注目成分としては、

  • ビタミンC誘導体
  • レシチノール
  • ピーリング剤

などがあります。

 

ただし、効果が高いだけに、肌に合う、合わないなどもあります。

使う際は取扱い説明書をよく読む、あるいは皮膚科のドクターの指導のもとに使ってみるといいでしょう。(経験を積んだエスティシャンからも良いアドバイスを得ることができると思います)

 

 パーフェクトワンでほうれい線対策始めませんか?

【体験写真あり】ほうれい線が気になる31歳女性にパーフェクトワンを使っていただきました